競技スキー,合宿,授業,修学旅行,常設ポールレッスン

競技スキー,合宿,授業,修学旅行,常設ポールレッスンの八海山麓スキー学校

魚沼語辞典

 

は行

はか【】[haka] はかち[hakati]
         「能率」のこと。「はかが行ぐ」は能率が良い。「はかが行がね」は能率が悪いこと

はちゃ[hacha]
         「それでは」「では」。

ばかんなる[baka-nnaru]
         一心不乱に物事にうち込むこと。 同義)一散め=一目散

ばっか【】[bazka]
         「ばかり」「だけ」。ばっかりの短縮。 例)すいか畑は、すいかばっか

はじけ弾ける[hajike-ru]
         「でしゃばり」余計なことをする人。こういう人にかぎって「お前はじけだろ」と聞くと
         「おらはじけてねよ」と言う奴が多い。

はっこい[hazkoi]
         「冷たい」の意。 例)井戸水は夏でもはっこい。=冷たい 反意語)あっちぇ

はまじゃや浜茶屋[hamajaya]
         「海の家」のこと。筆者はずーっと標準語だと思ってました。

はやける【】hayakeru]
         「孵化する」「羽化する」。普通は「生まれる」と言う意味では使わない。が、ひやかしや
         冗談で使用することもある。曰く「予定日を過ぎてるがんに、いつはやけるが?」

ひっつなべる【】[hiznaberu]
         つまずいて転ぶこと。「けっつまずく」に語感が似ているので語源はここからか?

ひとっこ【一子[hitozko]
         「一人きり」の幼児語。ひとっこで留守番する」のように使用。兄弟姉妹のいない
         「一人っ子」とは違うので要注意。

ひとっとこ【
等所[hitoztoko]
         「同じ所」「定位置」のこと。「一つ所」の訛り。例)ようれっこで使う道具はひとっとこへ置け。
                                         共同
ひとっとし【等年[hitoztosi]
         同じ年齢のこと。 例)昭和35年生まれなら俺とひとっとしだ。

ひとめっこ人目子[hitomezko]
         [人見知り」。

ふうら【】[fuura]
         「馬鹿」「ふぬけ」のこと。 英語の[fool]の訛り 例)ふうら野郎=バカ野郎

ふくらがす【】[fukuragasu]
         「ふくらます」こと。ふくらむはふくらがる。ふくらんだはふくらがった

ふさ[fusa]
         「久しぶり」の意。 ふさだったのんし=お久しぶりです。

ふっかく【ふっ欠く[fuzkaku]
         「かじる」こと。 例)りんごをふっかく

っこぶっ壊す[bu(bo)zkosu]
         「ぶち壊す」の訛り。「壊れる=「ぶっこれる」 「壊した」=「ぶっこした

ふるける[furukeru]
         「広げる」こと。広範囲に散らかすこと、ふるけ散らかすを短縮して「ふっ散らかす」。
         投網のように投げ広げることを「ふるけなげる」と言う。

ぶち[buchi(ru)]
         「痣」「蒼たん」の事。 例)直接ポールに当たったのでぶちた=痣が出来た。

ぶちゃる【】[bucharu]
         「捨てる」こと。語源は「うちやる」~「うっちゃる」~「ぶちゃる」の流れかな? 
          例)ゴミは決められた日にぶちゃれ。

ぺた【】
[peta]
         「側」「方」の意。場所をあらわす言葉。「向こうっぺた」=「向こう側」「向こうの方」
         「こっちっぺた」=「こちら側」「こっちの方」ついでに「しっぺた」=「尻の両側」
         「ほっぺた」=「顔の両側」だと思う。

へっける【】
[hezkeru]
         「いじける」「すねる」の意。 同義)いぼくれる

ぺっちゃら【】
[pezchara]
         「平たい」うすく平らなもの。「ペシャンコ」が語源? トムとジェリーでトムがローラーに
         轢かれたような時は、動詞の「こく」を付けて「ぺっちゃらっこくなる」と言う。

べと【】[beto]
         「土」のこと。 例)べとが悪くて、せっつぇもんがならん。=野菜ができない。

へらすみ【昼休[herasumi]
         「昼寝」のこと。 「お昼休み」の短縮形だと思われるが、単に「昼寝」をさす言葉として
          使用される。

へりょう褒糧[heryou]
         「褒美」「駄賃」。子供のお手伝いに対してのご褒美のこと。「ご褒美をあげる」は動詞の「かく」
         をつけて「へりょうをかく」となる。

へんなし偏無し[hennachi]
         「バカ」「アホ」「ボケ」「カス」など罵り全般。 このへんなし野郎=この大バカ野郎

ほげる【堀拡る[hogeru]
         「堀り広げる」の短縮? 雪に埋った物を探す時、雪を掘りながらかき分けることを「ほげる」と言う。
         「投げる」と思っている人が多いが「ほげて投げる」から「ほげ投げる」。

骨が折れる【骨が折れる[honegaoreru]
         簡単では無い事、辛く大変な事など、楽には出来ないことを言う。単に「疲れる」という意味で
         使用される事も多い。

ほっちゃれ【】[hottchare]
        「おっしゃるとうり」と言う相槌の言葉だが、分かりきった事に対して使用。「あたり前だ」とか「当然だ」
        という意味で使用される。。

ぼちゃ【[botya]
        「風呂」。 他にせぶろ【清風呂】 【湯】などの呼び方もある。

ほらんんど【】[horanndo]
        「それ見た事か」。忠告したにもかかわらず強行して失敗した時に使用。 同義)んんどそら

ほんに本に[honn'i]
         「本当に」「本気で」の意。時代劇でよく聞く「ほんに難儀でございました」などと同じ使い方だが
         魚沼の場合「ほ」ではなく「に」にアクセントがくる。


魚沼辞典-魚沼の風景





 

八海山麓スキースクール
スクール専用携帯:090-1436-8360
メール:info@hakkaisanroku.com