競技スキー,合宿,授業,修学旅行,常設ポールレッスン

競技スキー,合宿,授業,修学旅行,常設ポールレッスンの八海山麓スキー学校

魚沼語辞典

 

た行


たいしょ大将[taisyo]
         「彼」「あいつ」「お前」「奴」など男性の二人称、三人称。語源は「大将」だと思うが尊敬や皮肉の
         意味合いはなく、ごく普通に使用される。 複数形は「たいしょら

たいげ【大概[taige]
         「たいがい」の短縮形。 例)馬鹿こくたってたいげてにしろ(言うのもたいがいにしろ)

たいた絶た[taita]
         「無くなった」「尽きた」。 例)「味噌がたいた」 「バケツの水がたいた」など、日常的に使用する。

たがく【】[tagaku]
         「持つ」。 持ち上げる=たがき上げる。重すぎて持てない時はたがかんね(持てない)。

たくしゃまる たく縮る[takusyamaru]
        「たくし上がる」「手繰り寄せる」?布類や紙、紐などが短く畳まれ事。その行為をたくしゃめると言う。

だだ駄堕[dada]
         「汚い」「だらしない」。 部屋などが散らかっている様を、だだふるけ注などと言う。 注)ふるける

たてる【点てる、建てる[tateru]
         1.「沸かす」。「お茶をたてる」と同じ意味で、風呂をたてるなどと使用する。
         2.「閉める」。 例)隙間風が入るすけ戸をたてろ(戸を閉めろ)。

だども[dadomo]
         「しかし」「だけど」。「だども~」のように使用。だども「名+だども」の場合「~ですが」となる。
          例)「田辺だども」=「田辺ですが」と

~だば[daba] (だば~)
         「~なら」。 例)沖縄だば雪は降らんべ?=沖縄なら雪は降らないでしょう?

たんた【】[tanta]
         履物の幼児語。 靴、草履、サンダル、などの区別無く全てたんたと言う。

だんだんどーも[dandandoumo]
         何時でも使える便利な挨拶。「どーもどーも」の変形?出会ったときはもとより家を訪ねたときにも
         使えるオールマイティーな挨拶。使用頻度は高い

だんなんが[dannanga]
         接続詞「だから」。「だすけ・だっけ」と同義。使い分けは会話の雰囲気。

ちだらまっか血だら真赤[tidaramazka]
         「血まみれ」のこと。「血だるま」に更に壮絶感を出すため血の色「真っ赤」をプラスした言葉。と
         かってに介錯・・・解釈。

ちっと[tizto]
         「ちょびっと」「少し」「少量」。方言と言うより古語かな?

ちっとばか[tiztobaka]
         「少し馬鹿」じゃなくて「少しばかり」の短縮形。

ちっとんこって[tiztonkotte]
         「少しの事で」「些細なことで」の意。例)ちっとんこってへっけんな。=些細な事でいじけるな。

ちびてぇ冷てぇ[tibetee]
         「冷たい」。 例)手袋無しだと手がちびてぇ(手が冷たい)。  同義)はっこい

ちゃのこ茶の子[tyanoko]
         「御茶の子」朝食として食べる茶粥、転じて「朝ごはん」全般のこと。「ちゃめぇ」は「朝めしの前」。しかし
         「簡単」「お茶の子さいさい」などの意味は持たない。 ちゃめぇ仕事(朝食前の仕事)。ついでにへれ(お昼)。
         よーはん(夕飯)。

~だちゅうで[tyude]
         「~だからといって」「~ということで」の意。 
           例)上司だちゅうで(上司だからといって)偉そうにしんな。

ちょうはん【中飯[tyohan]
         三度の食事の合間に摂る軽い食事「おやつ」。
          例)ちょうはん食いすぎて(おやつを食べ過ぎて)夕飯食ゎんね=

つくぼる[tukuboru]
         一人、姿勢を正して(カッコ付けて)身じろぎもしない状態。

つくねん[tukunen]
         訳が解らず一人、固まっている様子。

つづく届く[tuzuku]
         「とどく」という意味。「手がとどく」のように長さに対して使う。
          例)背が低いんだんがいっそつづかね(背が低いので全然とどかない) 

でえー[deee]  でっぷ[dezpu]
         「うそ」。 うそつきは「でっぷこき」。

でこ[deko]
         「いっぱい」「多い」。 「てんこ盛り」の「てんこ」の短縮形

でっこい[dezkoi]
         「大きい」。「たいしょでっこいな」=「彼は大きいな」。「体格」「年齢」「人間性」など、どの意味でも
         形容出来る。  反意語)のっこい

てっちょ天頂[tetcho]
         「上」のこと。 「机のてっちょ」で「机の上」。 

てっつごっつ【[tetcho]
         「あの手この手」。 

てもずら手悪戯[temozura]
         手先でもてあそぶこと。細かな仕事がうまくいかず、何度もやり直しているところを見咎められると
         「てもずらかいてんな!」と注意される。

でんきんたま電気ん球[denkintama]
         「電球」のこと。 

どおど[doodo]
         「沢山」量が多い様。 例)魚沼は雪がどおど降る(沢山降る)。  同義)いっぺっこ

どづけねぇ【】[dozukenee]
         「無神経」。怒あつかましく抜け目が無い悪い意味で動じない人。 

とっぺつもねえ突別無え[totpetumonee]
         「突拍子もない」の訛り。奇想天外なこと、「ずれている」という意味でも使用される。隣の六日町には
         「こっぺつこき」=「生意気を言う奴」「ずれたことを言う奴」と言う言葉があるが語源は同じ。
         と偉そうに能書たれてるが、この説明がとっぺつもなかったりして?

とぶ跳ぶ[tobu]
         「走る」「駆ける」。 例)馬がとんで来る(馬が駆けてくる)。

ども[domo]
         「~なのですが」の意。お願い文の末尾につき、控えめ感を表す。英語のWould youに相当。
          例)お金貸してほしいがども(頂きたいのですが)。

どん[don]
         敬称。語源はおそらく「殿」。薩摩の西郷どんで有名だが、魚沼の場合、名前じゃなくて
         屋号につける。「薩摩屋さんの西郷ど

魚沼辞典-魚沼の風景





 

八海山麓スキースクール
スクール専用携帯:090-1436-8360
メール:info@hakkaisanroku.com